SINCE 1985

News & Topics

レーヌマーク10周年

ベストウールクラブ(BWC)について

 ベストウールクラブ(BWC)は現在、正会員ふとん(布団)メーカー7社で構成されており、高品質なウールふとん(布団)原料の開発及び供給を担う原料輸入商社4社が賛助会員として、海外賛助会員3社(フランス ラルー社・ヘンリー社 英国 スタンダードウール社)が加盟しています。勿論各社共優れた性能を持つスティーム・ドライ加工設備を備えており、高品質のウールふとん(布団)の製造に励んでいます。
 現在ベストウールクラブ(BWC)として品質を保証している「スチーム・ドライラベル」、フランス羊毛協会が発行するサティフィケートとして「レーヌマーク」そして「レーヌ・ブレンド・エコ」のラベルを提供しています。

レーヌマークの説明

レーヌマークのレーヌはフランス語で羊毛の意味です。 レーヌマークは日本の優良ウールふとんメーカーで組織されているベストウールクラブ(BWC)とフランス羊毛協会(FWA)との合意に基づく、フランス羊毛の品質保証マークです。
レーヌマーク付き羊毛ふとんは、フランス羊毛協会認定の高品質羊毛原料を使用することが条件です。(品質基準は、残脂率・植物性夾雑物の残留率・PH・清浄度を定めています。)
当該フランス産羊毛は、フランス羊毛協会所属のシッパー(輸出業者)により日本へ輸出されます。輸入業者もBWC賛助会員(羊毛貿易商社)に限定しています。
このルールにより、羊毛原料の品質管理およびトレーサビリティを可能にしています。
ふとんわたを製造するプロセスについてもスチーム・ドライ加工を施すことが義務づけられています。スチーム・ドライ加工とは、製綿プロセスにおいて伸びてしまう羊毛のクリンプを高温スチーム処理+急速乾燥によって元のクリンプの状態に復元する加工です。
スチームドライ加工の品質優位性は嵩高性・回復性・圧縮弾性の評価にて実証されています。
レーヌマークにはスタンダード基準とさらに高品質なプレミアム基準があります。

レーヌマーク(ブレンド・エコ)の説明

レーヌマーク(ブレンド・エコ)はBWCと帝人ファイバー㈱との合意に基づくマークです。
レーヌマーク(ブレンド・エコ)はレーヌマーク品質基準をクリアした羊毛と回収されたペットボトルから生まれた帝人ファイバー㈱が製造するリサイクルポリエステル繊維ECOPET(エコペット)をブレンドしたふとんわたに対する品質保証マークです。
原料段階の品質管理・トレーサビリティに加え、製綿ブレンド比率を3カ月毎に公的試験機関にて証明することを義務づけています。
もちろん、スチーム・ドライ加工は必須条件です。

スチィーム・ドライの説明

ウールふとんに使われるウール
レーヌマークスティーム・ドライ加工が必須条件です。 ウールの長所をより一層発揮させ、ふとん用素材としての"理想"に近づける ために"スティーム・ドライ加工"の工程があります。スティーム・ドライ加工は、ウール に高温の蒸気・スティームを与え、それを急速乾燥させることによって、ウール本来のち ぢれ(クリンプ)を回復させます。

高温の.スティームで、温度99.5℃、含水率3~5%の状態を保ち、ウールをゆっくり通過させます。ウールは平均状態で60%にものぼる空気を含んでいます。
この温かさの基になる空気をいったん吸出し、高温のスティームに入れ替え、ウールふとんわた全体をスティームに浸します。
この工程を通すことによって、ウールは寝具に必要なクリンプを回復し、保温性とかさ高性を飛躍的に高めます。
ベストウールクラブメンバー各社は必ず高性能スティーム・ドライ設備を完備して優れたウールふとんをお届けしています。




会員企業リンク


賛助会員企業リンク


BWC認定試験機関
Copyright(C) 2002 2011 "BestWoolClub" All Rights Reserved.