SINCE 1985

News & Topics

ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

Ⅱ.ウールを供給する人々(1)

藤井一義 (マネジメント・コンサルティング取締役)
 18世紀イギリスはついに"世界の工場"としての位置付けを確保しました。伝統的な「羊毛生産国」としてヨーロッパ諸国の毛織物工業にウールを供給してきた従来の「役割」を新大陸や南半球全域に拡大したので原毛供給力は飛躍的に増量されました。そのうえさらに、平和な時期は人口の増加と衣料生活レベルの向上に伴い、戦争が起こればそのたびに軍需特需にめぐまれて、ウール製品の需要は増加につぐ増加を続けてゆきましたから、イギリスを先頭にヨーロッパの毛織物工業は世界中の全市揚に向かって目覚ましい発展を遂げました。したがって、"ウールの世界工場"の機能は南北に分割されて、南半球ではウールの生産と供給が行なわれ、生産量のほとんどが北半球に運ばれてウールの製造加工と製品消費が行なわれる「分業の図式」が、次第にはっきりした姿に出来上がっていったのです。羊が豪州に上陸してから約200年、現在行なわれているウールの生産と供給から見ていきましょう。

1.世界のウール生産量


 世界のウール生産は1980年から1990年まで大幅に上昇し、以後急速に下降して94年現在では80年当時のレベル以下に下落、なお減少を続けています。

>  (1)資料1の通り北半球の多くの国々で旧ソ連と中国以外はそれぞれ少量づつウールが生産されていますが、南半球ではごく限られた国々で比較的まとまった量が生産されており、南半球合計としては常に北半球より多い生産量を続けています。
 (2)南半球の主要5カ国が世界のウール生産量の約半分を生産し続けており、旧ソ連および中国が約20〜23%のシェアを持っているので、これら主要7カ国によって世界の生産量の70%以上が占めてられていることになります。
 (3)旧ソ連の政治体制が崩壊してから、急激に生産は減少に追い込まれており、中国では太番手ウールの生産ばかりで衣料用細番手ウールを大量輸入しているくらいなので、世界のウール生産はますます南半球に傾斜して、現在既に過半数を大きく越えていると考えられます。

2.世界のウールの輸出入


 現在世界中で行なわれているウールの輸出輸入は両方とも、1980年から90年にかけて減少しましたが、それ以後増加していづれも1980年当時のレベルを相当上回っています。
 (1)資料2の輸出シェアに見られるように、世界のウール輸出国は生産国以上に南半球に集中しています。オーストラリアだけで世界のウール輸出の約半分を占め、南半球の5大産毛国だけで、世界のウール輸出国として常に圧倒的なシェアを維持していることがわかります。
 (2)資料3に見られる通り、世界のウール輸入はごく僅か例外的な数字を除いて、北半球の国だけで行なわれています。したがって、世界のウールの生産と供給は
北半球で生産されるウールは北半球同士で取り引されるか、あるいは自国内で消費されてしまいます。
南半球で世界の過半数以上のウール生産が行なわれ、そのほとんど全部が北半球に輸出されて加工消費されます。
 以上のような南北の関係から、もし南半球のウールの生産供給に支障が起こるようなことになると、北半球の毛織物工業は当然のことですが、ウールの製品消費市場に大変な影響が及び、世界工場の分業体制が崩れてしまうことになりかねません。

3.南半球でウールを生産する人々


 南半球の「ウールの生産供給市場」から、北半球の「ウールの製造消費市場」に向かって「分業の図式」を追いながら、ウールを生産する人々が一体どんな役割を果しているかを観察してみたいと思います。ウールの生産は南半球の春、羊の出産とともに始まります。

(1)剪毛(せんもう)


 毛刈りのことです。羊は年1回春に出産し、一部秋に出産することもありますが、出生後約16カ月から18カ月で一人前に成長します。南半球の春から夏にかけて(8月頃から寒冷地では翌年の4〜5月頃まで)1年間に成長したウールを必ず刈り取らなければなりません。余り長い間刈り取らずに放置しておくとウールが密生して羊は呼吸困難におちいって死んでしまう「おそれ」があるからです。1人前に成長した牝羊あるいは去勢した牡羊から1頭1頭電気バリカンを使って私達の頭髪を刈るのとまったく同じように、手作業でウールを刈り取るのですが、この作業のことを剪毛、英語でSHEARING(シェアリング)と呼びます。「毛刈り職人」(SHEARER=シェアラー)は「牧場主」からの委託を受け、数人のチームを組んで、毎シーズン必ず同じ頓になると「春の訪れ」を告げるために牧場にやって来ます。牧場で「剪毛作業」が続いている間は、羊の脂がしみ込んでベトベト光っている床の上に「敷わら」をしいて、着のみ着のまま毛布をかぶって泊まり込みます。飼育されている羊の頭数によって牧場で泊まる期間は違いますが、"羊の散髪屋さん"の作業が終わると、給金をもらって陽気な笑い声をたてながら、またボロボロの毛布を肩にかついで次の牧場へと消えてゆきます。早朝から日暮まで、電気バリカンの音を牧場の空に響かせながら「毛刈り職人」達が手際よく羊のからだからウールを刈りとって袋に詰める作業が続くと、いつもは犬か羊の鳴く声以外は何も聞こえない静かな牧場が、いっペんに賑やかになって、人々の顔が活気を帯びてきます。この「剪毛作業」は春の訪れとともに暖かい北部の牧場から始まって、だんだん南部の寒い牧場の方に降りてゆくウール生産の「収穫期」であり、同時に「ウールシーズンのスタート」なのです。

(2)仕分け作業(クラッシング)


 刈り取られた1頭分のウールは、羊の血統種、羊の年令、色相、繊度(繊維の細さ)、繊維長、強伸度、植物性繊維夾雑物(VM)の混入度などの、ウールがもっている本来の特長(ウールの「キャラクター」と呼びます)に従って手作業による「選り分け」が行なわれます。この手作業のことを英語でCLASSING〈クラッシング)といいます。それぞれグループごとに仕分けられたウールは1頭分ずつたたみ込まれて牧場名がプリントされている大きな袋に詰められプレス機で梱包されます。羊が自然に与えられウールに本来備わっている特長(「キャラクター」)に従って分類された結果のウールのグループ区分を「タイプ」と呼んでいます。同じ「タイプ」に属するウール俵をまとめて牧場から競売市場に近い倉庫に出荷し、ウール俵を代表する見本や品質の検査資料を揃えて競売準備を整えた上で、やがて開かれる競売市場への出市を待つことになります。ウールに本来備わっている「キャラクター」をこのように「タイプ」ごとに選り分ける「クラッシング」作業は、視覚と指先の感触によって経験と感性だけで19ミクロン、20ミクロンという非常に細いウールの繊度を選別する熟練度の必要な仕事です。しかも生産されたウールの「キャラクター」を性状・色相・手ぎわりだけで品質を評価し「タイプ」別に区分するのですから、ウールの生産者にとっては、1年間の生産結果を集約する非常に専門視されている"手作業"です。この「クラッシング」を行なう職人を「クラッサー」と呼んでいますが、牧場主がこの仕事を兼ねていることが多く、彼等の"手作業"によって1年間の牧場管理の仕事が総括されるので、ウールの実質上の生産はこの"手作業"でもって終了するわけです。

(3)牧場主(グローワー)


 「グローワー」(GROWER)はウールの生産責任者で牧場の所有者ないし牧羊管理の最高責任者です。「グローワー」は多くの牧童や犬とともに、まるで自分の幼い子供達と接するように羊と一緒に生活し労働します。旱魃(かんばつ)、洪水のような天候や季節の変化に対して注意を払い、野獣の襲撃や疫病の流行から羊を守っています。毎日の飼料や牧草の生え具合まで気を配りながら羊を移動させて健康や発育の状態を見守っているのです。世話を怠って放っておけばすぐウールが劣化して「キャラクター」が失われてしまうので、健康で良質の種羊を入手して交配させ、たえず羊の血統種を改良することは「グローワー」にとってもっとも大事な仕事のひとつです。(この仕事を「ブリーディング」といいます)。シーズンごとの飼育条件や環境条件によっては刈り取ったウールの品質が貧弱になったり、不揃いになったりする「キャラクター」を何時も変動しないよう維持するために、日夜涙ぐましい努力を続けている牧場主は、羊に対してある時は父親、ある時は母親以上の役割を果たしている存在かもしれません。
資料1
世界の原毛生産量(脂付き)と国別シェア

  国名 1980 1990 1991 1992 1993 1994 シェア

* オーストラリア 709 1,100 1,066 875 869 828 29%
  旧ソ連 443 474 441 401 375 312 11%
* ニュージーランド 337 311 305 296 256 284 10%
  中国 176 240 240 238 240 255 9%
* アルゼンチン 171 149 136 121 114 98 3%
* ウルグアイ 67 94 94 84 88 90 3%
* 南アフリカ 103 97 102 82 78 77 3%
  トルコ 80 83 77 75 75 75 3%
  パキスタン 39 63 64 66 67 70 2%
  イギリス 51 72 69 69 69 67 2%
* 南半球5大産毛国計 1,407 1,751 1,703 1,458 1,405 1,377 49%
  その他とも世界総計 2,879 3,410 3,303 3,001 2,910 2,814 100%

* 南半球 単位:100万キロ 出所IWS WOOL FACTS 1995

資料2
世界の原毛輸出量と国別シェア

  国名 1980 1990 1991 1992 1993 1994 シェア

* オーストラリア 556 513 749 706 676 661 49%
* ニュージーランド 274 202 235 215 213 246 18%
  旧ソ連 4 12 8 1 6 69 5%
* アルゼンチン 81 56 46 36 46 54 4%
  イギリス 17 40 32 35 38 44 3%
* 南アフリカ 62 50 49 34 30 31 2%
* ウルグアイ 41 37 26 25 26 25 2%
  フランス 44 25 30 25 21 24 2%
  香港 2 4 7 21 22 23 2%
  モンゴル 17 11 10 9 15 19 2%
* 南半球5大産毛国計 1,014 813 1,100 1,016 991 1,017 76%
  その他とも世界総計 1,195 1,067 1,311 1,244 1,238 1,341 100%

* 南半球 単位:100万キロ 出所IWS WOOL FACTS 1995
資料3
世界の原毛輸入量と国別シェア

国名 1980 1990 1991 1992 1993 1994 シェア

中国 29 31 102 149 173 202 16%
イタリア 118 119 138 145 122 148 12%
イギリス 96 88 93 102 96 127 10%
フランス 117 99 127 122 92 113 9%
日本 176 143 153 146 109 108 9%
ドイツ 93 77 87 97 82 92 7%
インド 13 20 29 28 39 57 5%
台湾 28 31 61 53 55 50 4%
アメリカ 33 33 39 41 46 42 3%
韓国 23 34 37 38 35 40 3%
その他とも世界総計 1,148 993 1,184 1,211 1,108 1,251 100%

単位:100万キロ 出所IWS WOOL FACTS 1995
(筆者は元日本毛織取締役、元ナカヒロ代表取締役社長)
資料提供:ザ・ウールマーク・カンパニ ー(IWSマンスリー連載より)




Copyright(C) 2002 2011 "BestWoolClub" All Rights Reserved.