SINCE 1985

News & Topics

ウールは地球にやさしい繊維


3R:RE-USE 再利用・REDUCE 発生抑制・RECYCLE 再資源化の視点から環境問題を考えたとき、ふとんに使える素材は綿、シルク、羽毛、羊毛など拡大再生産が可能な天然素材に限られています。寝具に最適とされる羊毛ふとんがなぜ環境に優しいのか考えてみましょう。

1. はじめに

 日本は戦後50年間、物造りを中心とした動脈経済に終始し、そこに資金や人材を集中投入し続けた結果、大量生産、大量消費、ゴミの大量発生の事態を生じました。
 東京湾の埋め立て地に、正札の付いたままの背広が山のように捨てられていた、という話を聞いても誰も驚かなくなり、"ふとんわたの打ち直し"、"反毛"、"古着"、"洗い張り"等々の看板もめっきり街から姿を見かけなくなりました。再生という大事な静脈産業を軽視してきた結果が、今日のゴミ問題を生んでしまったのです。
 国内の工場や建築現場から吐き出される産業廃棄物の量は年間約4億2,600万トン、日常生活を通して家庭から出る一般廃棄物ほ年間約5,300万トンにのぼるといわれています。
 ゴミとして惜しげもなく捨てられる財貨。それを受け入れる埋め立て処分場は、もう限界に達しています。一般廃棄物用があと8.5年分、産業廃棄物にいたってはわずか3年分しか残されていません。(電通総研の報告による) ゴミ処分場は迷惑施設ということで、地元の反対が強く、新たに設けることも非常に困難です。自分たちの快適性だけを追い求め、イヤな事、面倒な事は他に押し付けた結果がゴミ問題にも現われています。

 ゴミの問題は膨大な"量"ばかりではなく、化学物質による厄介な"質"の問題も含んでいます。ゴミ焼却場からは猛毒のダイオキシンが排出され、処分場からは環境ホルモン(内分泌撹乱化学物質)や、他の有害化学物質の流出が懸念されています。

 ゴミ問題、環境問題は、我国だけではなく、全世界で起こっています。少々の不便はあっても、リユースしてゴミを出さない、リサイクルしてゴミを減らす、出したゴミで地球を汚さない、自然の生態系を乱さない。このような経済活動を目指すことが人類共通の課題です。
 私たちはその手始めとして、身の回りの寝具や衣料品から、地球環境にやさしい繊維の使用を心掛けてはどうでしょうか?

2. このままでは宇宙船地球号が危ない

 宇宙船地球号は近年の急激な人類の酷使によって、あちこちで傷が口をあけ、ほころびが広がっています。この状態で自然破壊が続くならば、近い将来宇宙船地球号の乗客は破滅します。

(1)増えつづける人口

 つい先日、世界の人口は60億人を突破しました。わが国では少子化が問題になっていますが、地球全体で見るとすさまじい勢いで人口が増えつづけています。19世紀初頭には10億人であった人口が、国連の「世界人口白書」によると1920年に20億人になり、1960年に30億人、1974年に40億人、1987年に50億人を越え、その12年後の1999年についに60億人を突破しました。この急激な人口増加は過去30年ほどの突発的現象であり、その80%が発展途上国での人口増です。1950年には先進国対発展途上国の人口比は1対2であったものが、現在は1対4に、さらに、2025年には1対5になると予測されています。その結果、諸々の歪みが現われています。

(2)増えつづける飢餓人口

 日本ではここ数十年、餓死による死亡は無いとの事ですが、1980年に発表された世界銀行の報告によると、「健康上の危険や、子供の発育を阻害する栄養不良人口は3億4,000万人、労働に耐える栄養が摂取出来ない人が7億3,000万人いる」と言います。また、ユニセフの"子供白書(1987年版)"によると、「栄養不良による疾病によって毎日4万人、年間1,400万人以上の乳幼児が死亡している」と報告されています。世界の穀物生産量は約20億トン。その穀物の半分は4分の1の人口しか居ない先進国で消化され、残りの半分を4分の3の人口を擁している発展途上国で取合っている状態です。この格差はますます開く一方です。
 すでに安全な水を飲める地域は、開発による環境の汚染とそれに伴う災害で急速に減り、人類にとって水は石油以上の利権の対象となり始めています。

(3)減りつづける森林

 地球の全陸地面積は約130億ヘクタール。19世紀の初めにはその半分近くが緑に覆われていたと言います。しかし、1960年には陸地の4分の1に減り、現在では国連食料農業機関(FAO)の統計によると約28億ヘクタールと、5分の1に減ってしまっています。
 森林は水を保つ巨大なダムの働きをしています。この伐採によって地球の温暖化が促進され、土壌の流出、大災害の発生等々、地球が全ての生き物にとって、危険な環境に変えられています。特に、熱帯雨林が切り倒されると、今まで陽が直接当たらなかった地表に強い陽が当たり、水分の蒸発を促し、地表に塩分が蓄積される結果を招きます。塩分農度が2,000〜3,000ppmになると殆どの作物は育たず、コメは通常600〜700ppmで枯れてしまうと言われています。このように破壊された森林跡地は、利用価値の全くない荒れ地となり人を寄せつけません。現在、数ある食物の中で、最も安いのは牛肉だと言う指摘があります。これは、ホルモン剤を使った飼育の他に、熱帯雨林を安易に切り開き牛の放牧に使う事で、安い牛肉が供給されるからだと言われています。一見安くて安全な食べ物も、大きな目で見たときに環境を破壊しているのかもしれません。

(4)増えつづける砂漠

 過重な人口を養うために耕地を無理に拡大し、酷使し、許容頭数以上の家畜を放牧する結果、想像をはるかに上回る速度で自然環境が悪化し、最終的にはその土地は荒廃化します。  また、人口増は薪の消費を増やし、焼畑による森林破壊に追い討ちを掛けます。人が一人増えると家畜が4〜5頭増えると言い、荒れ地に放牧された家畜は餌がなくなると植物の根まで掘り返して食べてしまい、生態系の変化まで来たしてしまいます。
 現在、世界中で毎年600万ヘクタール、つまり日本の全耕地(約540万ヘクタール)を上回る面積が人類の活動によって破壊され、完全に砂漠化しています。その砂漠化した面積は南米大陸に匹敵する35億ヘクタールと報告されています。(国連環境計画<UNEP>の報告による) サハラ砂漠の南側では毎年150万ヘクタールずつ砂漠が広がり、これは、1時間ごとに170ヘクタールの新しい砂漠が出来て行く計算となります。そこでは、1日に16mずつ砂漠が南に広がっていると言います。これも、人間の自然破壊の結果の一つです。

(5)増えつづける災害

 発展途上盟での死亡を伴う大災害が1976年を境にして急増しています。「これは、人口増加と土地の不足から、人間が自然を破壊した災害危険地帯にも住まわざるを得なくなったことが原因で、気象条件の変化ではない」と、ロンドン大学のB.V.シャー教授は説明しています。

(6)増えつづける地球の温暖化

 1982年2月にEPA(米国環境保護庁)がまとめた報告によると、「二酸化炭素とメタンの濃度は、産業革命以来、劇的に増加している。また、フロンが大気中に初めて混入してきた。人間活動による急激な影響によって、大気の組成も気候も安定状態にはない。どのような筋道をたどるにせよ、ここ数十年の内には重大な地球変動が予想される。」と結んでいます。(米本昌平著「地球環境問題とは何か」岩波新書、P74による)
 森林の消滅と、無防備で急激な経済成長によって、温室効果ガスの排出量が急増し、21世紀の終わり頃には地球は2〜6℃の温度上昇が予測されます。(前掲書による) この温度上昇によって、予想をはるかに上回る大きな被害が人類に降りかかって来るものと思われます。
 人類の豊さは、地球が私たちの想像外の長い時間をかけて蓄えた資源を、急速に消費する事で得られています。例えば、何億年もかけて作られた石油を、わずか100年、200年で使いきる急激な消費。地球の時間に置きかえれば、人類はわずか数十年で、数億年単位の時間を消費したことになります。次の数十年は、資源はもとより、水も食料も、安全な土地も無いことさえ考えられます。
 日本に昔からあった言葉、「足るを知る」(KNOWS TO ENOUGH)を今一度かみ締める必要が有ります。

3. 循環型経済システムを目指して

 使い捨ての時代は終りにしなければなりません。限りある資源を大事に使うことが求められるています。特に石油、銅、亜鉛などの埋蔵資源は有限です。現在の先進国の産業は石油、天然ガスが最も重要なエネルギーであると共に、最も重要な製品の原料でもあります。ところが、このままの使用状態が続くと、石油は45年で、天然ガスは64年で完全に枯渇すると算出されています。人間の叡智はそれまでに代替え物質を創造するでしょうか?
 私達は、今までのような大量消費は許されません。これからは、一度使った製品を原料に戻す"再資源化(Recycle)"、廃棄物を出さない"発生抑制(Reduce)”、そして"再利用(Re-Use)"する経済システムを目指すことが必要です。ドイツでは1996年10月、既に"循環型経済及び廃棄物法"が施行されています。そのためには、リサイクルしやすい物造り、生産や流通の段階で原材料の使用量を減らす物造り、寿命の長い物造り、修理体勢の整備、使用済み製品の回収体制の整備、等々と同時に、環境にやさしい原材料の積極的な使用が何よりも求められています。

4. ウールは地球を汚さない

 ウールは19種のアミノ酸の配列を基本としたケラチン(Keratin)というタンパク質で構成され、完全に生分解される繊維です。土中の微生物によって、まず繊維の表面のキューティクル(Cuticle)が侵され、次第に細胞問および細胞内の物質が損傷を受け、フィブリル化し分解が進行します。
 ウールが完全に生分解され土に戻るまでの期間は、土壌の質や温湿度など環境条件によって左右されますが、一般には1〜3年位といわれています。海中では2ケ月程度で分解されるという報告もあります。
 大阪府立産業技術総合研究所、生産技術部繊維加工グループの菅井実夫氏等が純毛糸を土中に埋設して経時変化を観察した研究レポートがあります。それによると「埋設サンプルの物性変化は、30日で50%強力が低下し、伸度は90%の低下が認められ、既にフィブリル化が進んでいる。微生物の作用であろう劣化は予想以上に速く進行していた。」と報告されています。(平成10年度大阪府立産業技術総合研究所・研究発表会要旨集、P161による) このように、ウール製品であれば廃棄物を土中に埋めても完全に分解されて土に戻り、しかもそれが植物の成長促進効果を生みます。このようにウールは分解する時も地球環境を損なわない、極めて自然にやさしい繊維です。

5. 拡大再生産の出来るウール

 1996年度に世界中で生産された繊維の総量は4,430万トン。その内訳は化合繊が52%、綿が43%、ウールが3%、その他が2%となっています。ウール・羊毛は全体の高々3%に過ぎませんが、循環型経済システムの中で生産量を増やすことが可能な繊維です。
 総繊維の生産量の半分以上を占める合繊の原料は、石油に依存しています。前述のように石油の埋蔵量はあと45年で底を尽くと言われています。製造過程でのエネルギーの消費も多く、廃棄物の処理過程においても多くの問題を含んでいます。この点ウールは地球環境にもやさしい繊維です。太陽と適度の雨と草があれば羊は育ち、地球環境を破壊する懸念も、資源が枯渇する心配も有りません。まさに循環型経済システムに適合した、21世紀の繊維です。

6. ウール製品のリサイクル

(1)企業内のリサイクル

 製品の製造・加工工程において発生した原料屑は、副産品として回収し、その企業内の他の製品に活用する形態が古くから行われて来ました。特に、原料コスト比率の高い羊毛紡績においては梳毛工程で発生した落毛、ノイル等は紡毛糸の原料として再利用されています。

(2)企業間のリサイクル

 縫製会社で発生した繊物の裁断屑は回収・反毛して特紡、ガラ紡、紡毛等の原料にしたり、ニードルパンチ、フェルト、不織布等の原料にも再利用されて来ました。

(3)衣料製品のリサイクル

 兄貴のお古を弟が、姉のお古を妹が、兄弟・姉妹が順送りに同じ服を使うのは、一般家庭においてはごく最近まで当然のことでした。今では中古衣料のバザーや、リサイクル衣料として復活しつつあります。
 上記の(1)、(2)のようなリサイクルが、ウールの業界においては当たり前のこととして永年行われて来ました。しかし、回収費や輸送コストの大幅な上昇、人件費の高騰などで処理コストが著しく高くなり、安価な海外製品の流入に伴い、従来のリサイクルでは経営が成り立たなくなりました。今までは"有価物"として流通していた商品が、産廃業者に処理費を出して引き取ってもらう、"逆有償"のゴミになってしまいました。社会を構成する、私たち1人1人がこの様な仕組みを考え直す必要が有ります。

7.おわりに

 羊は大地の恵みを受けて育った牧草を食べて、紀元前3000年の昔から、ヒトの生存に必要な貴重なウールを提供し、ヒトと羊は共生して来ました。現在世界中には3,000種以上の羊が飼育されており、その数は約10億6,000万頭といわれています。ウール・羊毛は全世界の総繊維生産量のわずか3%に過ぎませんが、ヒトにやさしい、優れた性質を持った繊維であるばかりではなく、地球環境を破壊する物質が多い中で、地球にもヒトにもやさしい繊維です。人々は、緑の牧草で育った羊の毛を利用し、それを再び土に戻し、緑の草を育てる肥料としました。そして育った緑の草を食べて、また羊が育つ。このようにウールは「緑から緑へのエコロジカルサイクル」を結ぶ、まさに"21世紀の繊維"です。
(資料提供:ザ・ウールマーク・カンパニー)

ウール エコサイクル プロジェクトについて

 ザ・ウールマーク・カンパニーでは、資源の無駄使いにストップをかけ、資源を有効に活かした利用法を提唱し、平成8年11月にウールエコサイクルプロジェクトを開始しました。地球環境の保護と環境改善の趣旨に賛同された企業・団体と一緒にウールエコサイクルクラブを設立し、タンスや押し入れの中で眠っている不要になったウールマーク付き衣料を回収し、緑化資材、油吸着材、建築資材などにリサイクルする活動をスタートさせました。この活動は紳士服業界で完全に定着し、店頭での古着回収はあたりまえになりました。
 この活動は、すでにザ・ウールマーク・カンパニーの手をはなれ、企業ベースの取り組みにまで発展しています。
 ベストウールクラブも、ウールの良さをふとんに生かし、皆様の健康で快適な生活のお役に立つと共に、何よりも大切な地球環境を守る為に、ザ・ウールマーク・カンパニーと伴に活動して行きます。
Copyright(C) 2002 2011 "BestWoolClub" All Rights Reserved.