レーヌマーク

レーヌマーク

レーヌマークの「レーヌ」は、フランス語で「羊毛」の意味です。

レーヌマークは日本の優良ウールふとんメーカーで組織されているベストウールクラブ(BWC)とフランス羊毛協会(FWA)との合意に基づく、フランス羊毛の品質保証マークです。

レーヌマーク付き羊毛ふとんは、フランス羊毛協会認定の高品質羊毛原料を使用することが条件です。(品質基準は、残脂率・植物性夾雑物の残留率・PH・清浄度を定めています。)

当該フランス産羊毛は、フランス羊毛協会所属のシッパー(輸出業者)により日本へ輸出されます。輸入業者もBWC賛助会員(羊毛貿易商社)に限定しています。
このルールにより、羊毛原料の品質管理およびトレーサビリティを可能にしています。

ふとんわたを製造するプロセスについてもスチーム・ドライ加工を施すことが義務づけられています。スチーム・ドライ加工とは、製綿プロセスにおいて伸びてしまう羊毛のクリンプを高温スチーム処理+急速乾燥によって元のクリンプの状態に復元する加工です。スチームドライ加工の品質優位性は嵩高性・回復性・圧縮弾性の評価にて実証されています。

レーヌマークにはスタンダード基準とさらに高品質なプレミアム基準があります。

当該マーク対象羊毛原料の条件

(1)フランス羊毛協会が発行するサティフィケート付き羊毛原料を使用すること。

  1. フランス産のバージンウール100%であること。(ノイルおよびスライプは認めない)
  2. フランス羊毛協会所属のシッパーが管理する洗毛工場で洗浄したウールであること。(加工国は特定しない)
  3. フランス羊毛協会所属のシッパーより輸出されること。

(2)輸入業務は、BWC賛助会員がおこなう。

スタンダード 品質基準

 品質基準項目基準値試験方法
植物性夾雑物の混入率0.8%以下JIS-L-1082
油脂分(残脂率)0.3%以下JIS-L-1081
Ph7±2JIS-L-1081

※スチームドライ加工は必須条件 試験方法:QTEC法ー羊毛中わた清浄性試験

プレミアム 品質基準

 品質基準項目基準値試験方法
植物性夾雑物の混入率0.5%以下JIS-L-1082
油脂分(残脂率)0.2%以下JIS-L-1081
Ph7±2JIS-L-1081
清浄度200m/m以上QTEC法

※スチームドライ加工は必須条件 試験方法:QTEC法ー羊毛中わた清浄性試験

もしくは、<スタンダード>の品質基準を満たし、且つ下記条件を1つ以上満たすこと。

  1. 化炭加工したもの(フランス国内で加工したものに限る)
  2. 防縮加工したもの(フランス以外の国で加工したものも認める)
  3. 羊種(ブリード)が特定され証明されるもの
  4. エコマークの対象となるもの
  5. 羊毛に特殊加工(抗菌・防臭/防ダニ/遠赤効果/発熱効果/ウォッシャブルetc)したもの

※その他、高付加価値機能羊毛についてはその都度、執行部の承認を得ること。

当該マーク対象製品の条件

  1. 1枚あたり1.0kg以上の当該フランス羊毛を使用すること。
  2. 敷きふとんの中芯材の組成は対象外とする(巻きわたのみ対象)
  3. ウールと他繊維のブレンドは認めない。

(但し、分離積層タイプはウール使用部分が当該品質基準を満たしていればOK)

「レーヌマーク」品質へのこだわり 羊をめぐるミステリー

「レーヌマーク」品質へのこだわり 羊をめぐるミステリー 冊子

「レーヌマーク」品質へのこだわり 冊子(PDF)のダウンロードはこちら

タイトルとURLをコピーしました